MYK8期生 卒業インタビュー⑪


続いてはアパレル業界に就職される 田中さんです。よろしくお願い致します。


--田中さんにとって、MYKを一言で表現するならば何ですか?

田中: MYKを一言で表すとしたら「刺激」です。私がMYKに入隊を決めたの

も大学活をのんびり過ごしているだけでは勿体ない。何か打ち込める物が欲し

い。そんな事も理由の一つでした。入隊してすぐにビシッとお揃いのスーツで

ゼミナールに参加した時に「これは頑張るしかない」と雷が落ちたような刺激

がありました。普段、スーツやヒールのシューズに程遠い格好の私には、全く

新しい挑戦だったのです。週に一度のスーツ、ヒールのパンプスの着用。足に

も激痛の刺激がありました。でもこの刺激がいつの日か慣れ、その時には苦手

だった「きちんとした格好」も自分に馴染み、憧れであったMYKスーツを着こ

なしていました。また、普通の大学生活では絶対に経験の出来ないイベントが盛り沢山ありました。大勢の前でのプレゼンや、夏の合宿、MYK総選挙Ⓜ。どれも刺激的で最高

な思い出です。

--田中さんのお話をお伺いし、「刺激」に納得です!

--MYKで身に着けたホスピタリティ精神とインプレッションを 今後どのように社会に出て活かしますか?

田中: 私は、卒業後アパレル企業の販売職に就きます。お客様にお洋服を選ぶという空間の中で、MYKで身につけたホスピタリティ精神とインプレッションを活かす場面が多くあると思います。まずは、お客様だけでなく一緒に働くスタッフに愛と敬意を持って接する事を徹底致します。挨拶を誰よりも早く元気に笑顔でする。相手の気持ちを読み取り、一歩先の行動を心がける。等、小さな事から始めていきたいです。そうする事によって「この子、気が利くな!頼れそう」と信頼をして頂けると思います。また、清潔感のある見た目や親しみやすい印象はもちろん、アパレル企業で生きていく為にも自分なりの個性やこだわりを持って向上心高く働いていきたいです。

--亜細亜大学でMYKに入隊し、最も成長したと感じることは何ですか?

田中: MYKに入隊して、1番成長したと感じる事は「人の為に自分が行動する」を自然に出来る様になった事です。MYKに入隊してから、チームで協力をして何かをやり遂げる事が沢山あり、その時に自分が出来る事は何かをよく考えました。時間や体力を削ってチームの為に動き何かが成功した時のみんなの笑顔は何にも変えられない輝きがあるのです。それを見たいが為に「いっちょ頑張っちゃおう」と自然に思えるようになりました。人の為に動く事は当たり前の様に感じるけれど、中々難しい事だと思います。それが出来る愛のある人の集まりがMYKです。

--MYKの後輩に向けてのメッセージをお願い致します。

れみ: MYKのかわいいかわいい、後輩達へ。今まで本当にありがとうございました。コロナウイルスがなければもっともっと、一緒にいれたと思うと悔しい気持ちで一杯です。この3年間を振り返ると沢山の思い出が詰まっています。最高な事も感動した事も時には嫌な事もありました。それでも仲間の存在に沢山助けられました。そして言うまでもなく後輩のみんなにも沢山支えられました。8期の個性豊かで自由人で抜けてるところをカバーしてくれてありがとう。MYKで学んだ事は就職活動で絶対に為になります。そして社会に出ても頑張れる糧になります。今の時間を大切に頑張ってね。

--全国の高校生に向けてのメッセージをお願い致します。

田中: 高校生の皆さんはじめまして。私はもう少しで学生を卒業します。学生って本当に最強だと思います。こんな世の中でウズウズする事沢山あると思いますが、やりたいと思った事は全部して下さい。とにかく経験する事。失敗してもいいからチャレンジしてみて下さい。私が大学生活で学んだ事の多くは人と関わった事で得た事です。コロナウイルスが終息した時には様々なコミュニティに参加して色んな人と出会って見てほしいです。その一つとしてMYKに入隊する事をおすすめします。とにかく一所懸命の人はかっこいいです。

--重太みゆき先生との印象的なエピソードを教えてください。

田中: 重太みゆき先生の言葉はいつも影響力があります。8期全体におっしゃって頂いた言葉、何気なしに私の事をいじってくれた言葉。どれも「はっ」とさせられます。8期の入隊メンバーを選ぶ時のお話で「8期は14色のパレットなのよ」と。そのお言葉を聞いた時、個性を持っていいんだ。みんな違っていいんだ。そう思いました。そして、自分の得意なところを伸ばしていこうとその瞬間に決意したのです。また、みゆき先生は「あなたはマスコットキャラクターみたいな感じ」と私を見て仰ったのです。みゆき先生にとっては何気ないいじりだと思うのですが、私にとっては何だかすごく嬉しくてみんなが笑顔になれるようなMYKのマスコットキャラクターでいようと楽しくなったのです。この3年間でみゆき先生の素敵なお話を沢山聞く事が出来て本当に貴重な経験でした。

--田中さん、色々とお聞かせ下さり、有難うございました。自己分析をしっかりと行い、自分がどうなりたいかを考えながら行動された 田中さん。個性が輝く素敵なキャラクターだからこそ、MYKのマスコットのような存在だったのでしょうね!

田中さんの益々のご活躍を心より応援しております。ご卒業おめでとうございます!


You Might Also Like: