MYK9期で出版業界に就職される 美月さんです。


亜細亜大学 経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科 重田みゆきゼミナール『MYK』は

毎年"卒業インタビュー"を行っております。


ソーシャルディスタンス、オンラインやマスクを付けたままの生活・・・

いつもの当たり前が当たり前でなくなったライフスタイルが始まり 早くも1年が過ぎました。

このような状況下も 歯を食いしばって笑顔で自分自身と向き合い、それぞれの夢に向かい、

春からは新たな場所で 益々輝こうとしているMYK4年生。

今年も卒業のときを迎えました。


MYK9期生の今の想いをぜひご覧ください。


MYK9期で出版業界に就職される 美月さんです。


―― あなたにとって、MYKを一言で表現するならば何ですか?そちらの理由も教えて下さい。

美月:『原動力』です。MYKで過ごす日々の中で与えられたものは、数えきれません。その中で私が多く感じたものが"刺激"です。仲間の姿を見て「私も頑張らなきゃ」「負けてられない!」と、同志として、時には良きライバルとして、自分を奮い立たせてくれました。活動を通して、自他共栄できたこと、そんな仲間と出会えたこと、心から誇りに思います。

仲間からもらった刺激はそのまま原動力となり、背中を押してくれました。

 

―― あなたがMYKで身に着けたホスピタリティ精神とインプレッションを今後どのように社会に出て活かしますか?

美月:私はホスピタリティ業界とは違う道に進むことを決めました。ですが、どんな仕事も最終的な対象にお客様がいます。

そして、これから先も"人との関わり"の中で生きていくことに変わりはありません。今以上に、相手の意見に耳を傾けることや受け入れること、気配り心配りが要となっていくと思います。これから共に働く方々やクライアントの方との関係構築など、全ては信頼に繋がるため、ここで学んだホスピタリティとインプレッションは、決して無駄ではなく、大いに生かすことができると思います。"人の喜びにつなげたい"。私の根本にある思いを忘れることなく、提供するものにも相手への関係性にも、ホスピタリティの付加価値をつけることができると信じています。

 

――あなたが亜細亜大学でMYKに入隊し、最も成長したと感じることは何ですか?

美月:『自分と向き合えるようになったこと』です。MYKメンバーといると、仲間の様々な一面が見え、自分にはできないことや魅力的に感じることが多くありました。やはりここで、ないものねだりをしてしまうもので、自分が情けなく感じてしまうこともあります。でもそれは、人それぞれの"個性"であり、私には私の魅力や強みがあると、同様のことを仲間は自然と言葉にしてくれました。お陰で素直に自分を受け入れることができるようになり、以前よりも将来の自分に期待できるようになれた気がします。

 

――自分を自分として受け入れるのは意外と難しい。MYKが美月さんご自身の有り余る魅力に気付くきっかけになったのですね。

 

――MYKの後輩に向けてのメッセージをお願い致します。

美月:いつの間にか先輩となり、素直で愛おしい後輩に巡り会えました。10期生11期生の皆の全力な姿、笑顔で溢れている瞬間、葛藤しながらも向き合う強さが、私たちにとっても大きな刺激となったことは間違いありません。そして、時の流れは本当に一瞬です(笑)今は思い通りに行動できないからこそ、MYKとして過ごせる時間を大切にして欲しいなと思います。

 

――全国の高校生に向けてのメッセージをお願い致します。

美月:このページを見てくださっている皆様は、MYKの存在を知っているのかなと思います。私もMYKの先輩の姿に憧れ、自分を変えたいと思い入隊を決意したひとりです。MYKで学べることは沢山ありますが、どのように成長できるかは人それぞれです。でも一つ!この大学、学科、MYKでの学びは、人と関わる上で大切にすべきことを必ず得ることができると私が保証します。(笑)

かけがえのない仲間と高め合える場所。人生の一つの道としてMYK入隊を選択してくれたら嬉しいです。

 

――重田みゆき先生との印象的なエピソードを教えてください。

美月:みゆき先生との些細なやり取り全てが思い出です!みゆき先生の言葉はその場の空気が和んだり、喝を入れてもらったり、誰かの心に寄り添ったり。一人一人のことを見て考えてくださるからこそ、全てが魔法の言葉でした。

悩んで悩んで、最後まで粘り強く続けた就職活動を終えた時、「やりたいことを仕事にできる幸せはなかなか味わえないハードルの高いこと。」という言葉をいただきました。やってきたこと全てに意味があった、報われた瞬間だったことを覚えています。

みゆき先生と出会い、入隊を決めたあの時があり、今があって、これからがあります。

仕事もプライベートも、良い報告がみゆき先生への恩返しになると信じ、自分の力で充実させていきます!3年間、ありがとうございました。

 

――美月さん、色々とお聞かせいただきありがとうございました。

自分を信じてコツコツと丁寧な努力を積み重ね目標や夢を実現される姿、とても格好良いと感じました。美月さんの存在に刺激を受けたMYKメンバーもきっと多いはず!

たった1人で出版業界に飛び込む美月さん、そのままのあなたでご活躍されることを心より楽しみにしております。

ご卒業おめでとうございます!

You Might Also Like: