MYK9期で副ゼミ長を務め、人材サービス業界に就職される れなさんです。


亜細亜大学 経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科 重田みゆきゼミナール『MYK』は

毎年"卒業インタビュー"を行っております。


ソーシャルディスタンス、オンラインやマスクを付けたままの生活・・・

いつもの当たり前が当たり前でなくなったライフスタイルが始まり 早くも1年が過ぎました。

このような状況下も 歯を食いしばって笑顔で自分自身と向き合い、それぞれの夢に向かい、

春からは新たな場所で 益々輝こうとしているMYK4年生。

今年も卒業のときを迎えました。


MYK9期生の今の想いをぜひご覧ください。


MYK9期で副ゼミ長を務め、人材サービス業界に就職される れなさんです。


--れなさんにとって、MYKを一言で表現するならば何ですか?そちらの理由も教えて下さい。

れな:私にとってMYKは、「大切な居場所」です。誰かのためにこんなにも一生懸命になれて、自分のことのように泣き、共に笑い喜ぶ、そんな愛に溢れた仲間は他にないと思います。切磋琢磨し挑戦を続ける姿勢から常に刺激を受けていました。どんな時も手を差し伸べてくれるみんなにいつも支えられ、こうして出会えたMYKの仲間をずっと大切にしていきたいと思っています。

 

--れなさんがMYKで身に着けたホスピタリティ精神とインプレッションを今後どのように社会に出て活かしますか?

れな:相手の心境や状況を瞬時に汲み取り、一人ひとりに寄り添った言動や行動をしていきたいです。私は人材サービス業の人事職に就きます。人材サービス業の最大の魅力は『人』だと考えていますので、お客様だけでなく共に働く仲間や関わる全ての人に対しても心遣いや礼儀を大切にし、信頼関係を築いていきたいです。人生の選択に関わる仕事だからこそ誰よりも相手のことを考え、学んだホスピタリティや愛を周囲の人に広げていきたいと考えています。そして、MYKプライドと働く人の印象が企業の印象に繋がるという自覚と責任を持って、人々の豊かな暮らしに貢献していけるよう精進してまいります。

 

--れなさんが亜細亜大学でMYKに入隊し、最も成長したと感じることは何ですか?

れな:「ありのままの自分を出せるようになったこと」です。以前は周囲に合わせることが多く、そんな自分を変えたいという思いからMYKに入隊しました。数多くのプレゼンテーションやMYK総選挙Ⓜなどより良いものを創り上げるために、本気で仲間と向き合い意見を交わすことが必要でした。熱量のある9期に刺激を受け、私も意欲的に発言するようになれたと思います。広い視野を持ち考える力も養うことができ、こうして成長することが出来たのは9期のおかげだと思っています。本当にありがとう。

 

--「ありのままの自分を出すこと」は簡単にできることではないと思います。信頼できる仲間がいたからこそ、殻を破ることができたという証拠ですね。

 

--MYKの後輩に向けてのメッセージをお願い致します。

れな: どんな時も仲間想いで、様々なことに全力で向き合い努力し続ける10期11期のみんなは私の自慢の後輩です。そんなみんなから沢山の刺激を受けて、沢山のことを学びました。本当にありがとう。こんなにもありがたく大切なことを学べる環境や互いに高め合える仲間と過ごせることは他にないと思います。これからも熱い気持ちと感謝、仲間を想い大切にすることを忘れず、毎日笑顔で過ごしてください。みんなのことずっと応援しています!

 

--全国の高校生に向けてのメッセージをお願い致します。

れな: 仲間と切磋琢磨し夢に向かって努力出来るのはMYKの魅力だと思います。また、自分自身と向き合い新たな自分を見つけることも出来ます。様々な活動を通して、築き上げたチームワークは何物にも変えられない宝物になるはずです。MYKだからこそ挑戦できること、決して楽しいことだけではありませんが、仲間と経験した全てのことがかけがえのない時間になると自信を持って言えます。

 

--重田みゆき先生との印象的なエピソードを教えてください。

れな:MYK総選挙Ⓜに向けた夏合宿で、面接練習をしているときのことです。誰にも話したことのなかった私の幼い頃からの悩みをみゆき先生は気づいていらっしゃいました。みゆき先生の温かいお言葉はスッと心に溶けていき、そのことについて声をかけて下さった際に、今までの不安が解消され涙が止まらなかったことを覚えています。就職活動中も、常に前向きなお言葉をかけてくださり「玲奈なら大丈夫」というメッセージは私の支えとなり勇気をいただきました。本当に感謝しています。ありがとうございました。これからも前向きに自分の気持ちを大切にしながら努力してまいります。

--れなさん、色々とお聞かせ下さり、有難うございました。

れなさんにとって『仲間の存在』がとても大きいことがわかり、溢れる愛が伝わってきました。その愛で、副ゼミ長としてもMYKを牽引してくれていたのですね。れなさんの温かな人柄でこれから多くの人の人生を豊かにしていくことができると確信しております。ご卒業おめでとうございます!

You Might Also Like: