MYK9期で副ゼミ長を務め、宿泊業界(旅館)に就職される こーきさんです。


亜細亜大学 経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科 重田みゆきゼミナール『MYK』は

毎年"卒業インタビュー"を行っております。


ソーシャルディスタンス、オンラインやマスクを付けたままの生活・・・

いつもの当たり前が当たり前でなくなったライフスタイルが始まり 早くも1年が過ぎました。

このような状況下も 歯を食いしばって笑顔で自分自身と向き合い、それぞれの夢に向かい、

春からは新たな場所で 益々輝こうとしているMYK4年生。

今年も卒業のときを迎えました。


MYK9期生の今の想いをぜひご覧ください。


MYK9期で副ゼミ長を務め、宿泊業界(旅館)に就職される こーきさんです。


―― あなたにとって、MYKを一言で表現するならば何ですか?そちらの理由も教えて下さい。

こーき:「仲間を孤独にさせない存在」入隊当初は同期にメンズが一人もおらず、どういう役回りをしたらいいのか分かりませんでした。話したことがある同級生も片手に収まるくらいだったので、緊張して話しかけることも躊躇しており下校は一人の時も多かったです。そんな時、同期から話しかけてくれたり、先輩方が声を掛けてくださったりし、心から仲間を支えるゼミだと感じました。「MYK総出動!」で仲間を支え、孤独にさせない、毎日会いたい存在です。

 

―― あなたがMYKで身に着けたホスピタリティ精神とインプレッションを今後どのように社会に出て活かしますか?

こーき:職場の先輩方や非日常を求めていらっしゃるお客様、また観光地で働く方々と共に笑顔を分かち合っていきたいと考えております。私は縁の下の力持ちとして、物事を俯瞰し、自分のスキルが仲間のためにどこでどう活かせるか考え行動する力を身に付けました。職場ではフロントや仲居さんなど、お客様との距離が近いお仕事となるため、お客様一組一組の心に寄り添ったおもてなしに努めてまいります。また、多くのMYKの先輩方への感謝の気持ちを、これから出会う多くの方々とのご縁や与えられた環境に還元し、笑顔の輪を広げていきたいと思います。さらに将来は、個人で民宿を営み地域活性化の担い手になりたいです。

 

――民宿運営の夢、とても素敵ですね。是非泊まりに伺いたいです。

 

――あなたが亜細亜大学でMYKに入隊し、最も成長したと感じることは何ですか?

こーき:「周囲を見渡す力」 以前まで私は、「目配り、気配り、心配り」が全くできておりませんでした。今でも未熟だと感じますが、入隊当初よりも様々な方から、「こうきは周りを見渡していて気を利かせられているね」と褒めて頂けるようになりました。MYKで学んだことを他の場面で当たり前のようにやっていると、喜んでもらえることが多く、学びを実践し自信に繋げられることが私の喜びでもあります。また、周囲を見渡すことで自分に余裕を与えることができ、ハプニングが起きても冷静に対処する力も加えて身に付けられました。

 

――MYKの後輩に向けてのメッセージをお願い致します。

こーき:「NO PAIN NO GAIN」痛みなくして得るものなし。自分と、魂と向き合い、仲間と向き合い、共に苦労や痛みを味わうことで気付きを得て心身ともに成長する。それがMYKの醍醐味であると強く感じた。どんなに苦しく、険しい道のりでも必ず乗り越えられる仲間が目の前にいる。一人では乗り越えられずとも仲間となら乗り越えられる。こんなにも愛に臨場感のある存在が他にどこにあるだろうか。成長したみんなが世の中を照らす光となりますように。

 

――全国の高校生に向けてのメッセージをお願い致します。

こーき:現在、メタバースやバーチャル世界に力が注がれている世の中ですが、MYKは仲間の温かみや愛を授業や行事等から肌で感じられるゼミナールです。またMYKは常に進化し続けるので、世の中のトレンドに置いていかれるようなことはありません。そして何よりも「自分と他人を比べない。」一人ひとりの個性や能力から互いに学びあい、チームで成長できる環境です。個々のホスピタリティマインドや印象力と集団行動のスキルが身に付く、日本一のゼミナールです!

 

――重田みゆき先生との印象的なエピソードを教えてください。

こーき:就活のエントリー企業が全て不採用となり、燃え尽きてしまった時期がありました。また入隊して初めてゼミに行きたくないと思うくらい苦しい時期で、本当に自分の将来像が全く分からなくなっていた時に先生からメッセージをいただきました。「自分を信じて決めなさい!!自分の道を、現実を見つめてそこを集中して目指す。でなければアドバイスのしようがないよ」と。これが自信を無くしていた私に心身と向き合うきっかけを与えてくださりました。今まで、先生や先輩方、そして同期に支えられ、学んできたことを振り返る機会を得ました。そこで、「やはりお客様との距離が近いお仕事がやりたい」というブレない軸ができました。みゆき先生の愛あるメッセージで自信と感謝を忘れない心に気づくことができました。

 

――こーきさん、色々とお聞かせいただきありがとうございました。

MYK総選挙で準グランプリ受賞経験もある情熱的でアグレッシブなメンバーと伺っていましたが、

まさにその通りだと感じました!

MYK愛が溢れるこーきさん、今度はその愛をお客様へ、一緒に働く仲間へ届けてください。3年間で得た多くの力を活かし宿泊業界でご活躍されることを、心から楽しみにしています。ご卒業おめでとうございます!

You Might Also Like: