MYK9期で宿泊業界(ホテル)に就職される ゆうのさんです。


亜細亜大学 経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科 重田みゆきゼミナール『MYK』は

毎年"卒業インタビュー"を行っております。


ソーシャルディスタンス、オンラインやマスクを付けたままの生活・・・

いつもの当たり前が当たり前でなくなったライフスタイルが始まり 早くも1年が過ぎました。

このような状況下も 歯を食いしばって笑顔で自分自身と向き合い、それぞれの夢に向かい、

春からは新たな場所で 益々輝こうとしているMYK4年生。

今年も卒業のときを迎えました。


MYK9期生の今の想いをぜひご覧ください。


MYK9期で宿泊業界(ホテル)に就職される ゆうのさんです。


--ゆうのさんにとって、MYKを一言で表現するならば何ですか?そちらの理由も教えて下さい。

ゆうの:『人生のターニングポイント』です。3年前まともに笑顔を作ることも出来なかった私は、周囲に若干心配されながらも、「最後の学生生活で最大の挑戦がしたい!」という不退転の覚悟でMYKに入隊したあの日から、変化と成長の道を歩み続けることができました!また、MYKに入らなければ絶対に関わることのなかった愛すべき同期たちとの出会い、そして家族のような関係性を構築する今日まで支え合い衝突も辞さなかった日々は、間違いなく私の人生にとって必要不可欠でした。

 

--ゆうのさんがMYKで身に着けたホスピタリティ精神とインプレッションを今後どのように社会に出て活かしますか?

ゆうの:私はMYKで、届けるべきホスピタリティの形やその受け取られ方は相手によって異なるということを学びました。何かをして差し上げるということだけがホスピタリティだと思い込んでいた以前よりも視野が広がり、今はサービスに限界を作らず、常にお客様の感情に寄り添う心地の良いおもてなしとは何かを考えております。春からは外資系ラグジュアリーホテルで働かせていただきます。入社後はMYKで鍛えあげた印象力を地盤に、学びの姿勢を持って多くの世界や価値観を知ることで、お客様お一人おひとりに合わせたTRUE HOSPITALITYを追求していきたいです。世界の賓客たちをおもてなししてきた極上のサービスをより多くのお客様へお届けするホテリエになるべく、MYK PRIDEを胸に日々精進いたします!

 

--ゆうのさんが亜細亜大学でMYKに入隊し、最も成長したと感じることは何ですか?

ゆうの:顔つきや印象力の変化、資料作成力の向上など… みゆき先生やイーサン、MYKという環境の絶大な後押しによって成長できたことは限りなくあります。中でも一番は、『情況把握力』と『行動力』の成長です!常に「私にできることは何か」「チームに足りていない要素は何か」を考えてゼミに参加するうちに、未経験のタスクでもMYKのために「とりあえずやってみます!挑戦させてください!」と飛び込んでみる度胸がつきました。その結果空回ったり暴走して振り回すこともあったと思うのですが、そんな時でも優しく包み込んでフォローしてくれた同期には感謝しかありません。

 

--状況を把握するだけでなく、同時に勇気をもって行動に移せることもMYKのあたたかい環境だからこそ実現した成長ですね。

 

--MYKの後輩に向けてのメッセージをお願い致します。

ゆうの:共に怒涛の日々を駆け抜けてきた後輩たち、今まで本当にありがとう。みんなと活動した毎日は私にとって何にも変え難い宝物です。達成感に満ち溢れて幸せな瞬間も、立ち直れないほどに辛く苦しい瞬間もあるけれど、様々なことに向き合いながら活動していく日々を、先輩後輩同期たちと全力で楽しんでね!そんな日々の繰り返しが、MYKとしての3年間をかけがえのないものにしていきます。あなたの頑張りを見ている人、認めてくれる人は絶対にいる。9期はいつもみんなの味方、そして1番の応援隊だよ!

 

--全国の高校生に向けてのメッセージをお願い致します。

ゆうの:まずは、MYKへ興味を持っていただきありがとうございます!実は私にとって亜細亜大学は第1志望の大学ではなかったのですが、MYKで濃すぎる活動の日々を過ごしたことで、今ではこの大学への進学を心から誇りに思えています。MYKは自分自身を大きく変える挑戦の場、そして愛が溢れる温かい居場所です。そんな環境で叶えたい目標や夢があれば、是非思い切って飛び込んでみてください!MYK一同、みなさんの入隊をお待ちしています。

 

--重田みゆき先生との印象的なエピソードを教えてください。

ゆうの:特に印象的だったのは、MYK総選挙Ⓜ2022の準備期間から終幕まで、数々の愛あるメッセージで激励いただいたことです。後輩たちに最高のステージを用意しようと、24時間 MYKだけのことを考え、同期と共に必死に準備する中で、多くの制約やハプニングにより心が折れてしまう瞬間が何度もありました。心が下を向いてしまった時みゆき先生に打ち明けると、必ず本気で私と向き合い、読むと一瞬で心が軽く温かく前向きになれる力強いメッセージをくださいました。「どんな苦しみも感謝することで抜け出し、必ず笑顔で次のステージに上がりなさい。」みゆき先生からいただいたこのお言葉は、今私の指針となっています。私のおもてなしを通して多くの方に幸せを届けることで、みゆき先生へ恩返しできたらと思います。今まで本当にありがとうございました。

 

--ゆうのさん、色々とお聞かせ下さり、有難うございました。

ゆうのさんがMYKのために様々な努力をされている姿を度々拝見しておりました。そんなゆうのさんがMYKで培った印象力とホスピタリティ精神は、国境をも超えられるでしょう! これからもMYKプライドも胸に、益々ご活躍される ゆうのさんを心より応援しております。ご卒業おめでとうございます!

You Might Also Like: