top of page

MYK10期でこの春から輸入車ディーラーに就職されるすーさんです。


亜細亜大学 経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科 重田みゆきゼミナール『MYK』は

毎年"卒業インタビュー"を行っております。


卒業とともに春の訪れがやってきました…

コロナ禍を経て、10期生は”今だからこそできること”を掲げ積極的に活動してまいりました。初参加の学園祭では、展示部門優秀賞受賞。そして第13回MYK総選挙Ⓜは、初の羽田空港ティアットスカイホールでの対面実施に加え、SNS LIVE視聴者数20万人超えをするという大成功を収めました。

困難を乗り越える強さを手に入れた10期生は、新たなMYKの歴史を築き上げげたのです。

春からは新たな場所で益々輝こうとしているMYK4年生。

今年も卒業のときを迎えました。


4月からはそれぞれの場所で笑顔の花を咲かせるMYK10期生の卒業前の想いをぜひご覧ください。



MYK10期でこの春から輸入車ディーラーに就職されるすーさん。


--あなたにとって、MYKを一言で表現するならば何ですか?そちらの理由も教えて下さい。

すー:MYKを一言で表現するなら、「自分と向き合い、成長できる場所」です。石巻合宿やエンターテイメントプレゼンテーション、総選挙、そして、日々の授業を通して、個性あふれる仲間たちと切磋琢磨しながら、自分の長所・短所に向き合うことができました。そして、普通の大学生活では味わうことのできなかった時間をみゆき先生、113、先輩、後輩、同期と過ごせたことに心から感謝しています。


--あなたがMYKで身に着けたホスピタリティ精神とインプレッションを今後どのように社会に出て活かしますか?

すー:私は、春から輸入車ディーラーの受付職に就職します。ご来店されるお客様はもちろん、一緒に働く仲間たちにもMYKで培ったホスピタリティ精神とインプレッションを活かして、働いていきたいと思っています。MYKでは、360度、誰がどこから見ても美しいと思う身だしなみや立ち居振る舞い、社会人としての基礎、相手に心から寄り添う思いやりを学びました。二歩、三歩先を読んで行動する力や、最高の笑顔も存分に発揮し、店舗の顔として「あなたがいるこの店舗が好き」とお客様や仲間から思っていただけるよう、初心を忘れずに努力していきたいと思います。


--あなたが亜細亜大学でMYKに入隊し、最も成長したと感じることは何ですか?

すー:私が最も成長したことは、「誰かに頼ることを覚えた」ということです。以前の私は、周りへの頼り方が分からず、自分ひとりでやった方が早い、頼っちゃいけないと自分で勝手に決めつけていることが多かったです。しかし、MYKに入隊してから、困っている私の姿を見て、手を差し伸べてくれる同期がいました。はじめの頃は、どう頼ればいいのかが分からず、「大丈夫」と断ってしまうこともありましたが、信頼するようになってからは「頼れる」ようになり、さらに充実した生活が送れるようになりました。


--誰よりもMYKのことを大切に想うすーさんだからこそ、頼ることへの難しさを感じたのでしょう。一人では味わうことのできない、同期と共に作り上げることへの達成感は素敵な成長ですね。


--MYKの後輩に向けてのメッセージをお願い致します。

すー:11期生!!とにかく元気すぎる!(笑)だけど、その明るさや素直さが最後の1年間、私にとっての原動力だったよ。自分ひとりで抱え込まない、頼れる同期にちゃんと頼り合ってね。そして、何よりも全力で楽しむことを忘れないこと〜!!12期生!!一人ひとりが全力すぎるがあまりに、ぶつかってしまうこともあると思います。だけど、そんな時はみんなでしっかり手を取り合ってね。たくさんありがとう〜!!


--全国の高校生に向けてのメッセージをお願い致します。

すー:「大学生だけど、大学生なのかな」こんな不思議な気持ちに学科は滅多にないと思います。将来のための勉強はもちろん、社会に出るまでの社会人基礎力を身につけながら、最高の学生生活を送れること間違いなし!!もし迷っている子がいるなら、勇気を出してその一歩を踏み出してみてください!


--重田みゆき先生との印象的なエピソードを教えてください。

すー:私は、人に頼ることが本当に苦手で、ひとりで抱え込むことが本当に多かったです。そのため、なかなか周りとの距離を縮めづらく、時には居場所を見失うことをありました。しかし、みゆき先生が何かあるたびに「本当は誰よりも優しくて、MYKのために動いている」というお言葉をいただき、副ゼミ長としてゼミ長を支えながらも、統括するという自分の人生の中でも最高の経験をさせていただきました。4年前、第一志望の大学に落ち、希望の光がない私に、一筋の光を下さったみゆき先生、MYKには感謝しかありません。あの時、私を入隊させていただき、最後までたくさんの宝物をくださり、本当にありがとうございました。


--すーさん、色々とお聞かせ下さり、有難うございました。

MYK総選挙Ⓜ︎を迎えるにあたって、すーさんが寝る間も惜しみMYKメンバーのために活動されていたお姿を拝見しておりました。副ゼミ長としての責任感と同期への想いで葛藤されていたことでしょう。しかし「誰かに頼ること」の大切さをMYKの活動を通して学び得たすーさんは、新たな環境でもお客様だけでなく働く仲間からも愛される存在となることでしょう。副ゼミ長お疲れ様でした。これからもMYKプライドも胸に、益々ご活躍される すーさんを心より応援しております。ご卒業おめでとうございます!

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
​10期生一覧はこちら
bottom of page